青汁で私の頑固な便秘をすっきり解消できました

青汁で野菜不足解消

野菜不足を簡単に改善できる方法は青汁を飲むことです。

 

一昔前は青汁というとおいしくないというイメージが強かったですが今ではフルーツの果汁入りで飲みやすくなっていたりします。

 

青汁の原料として使われている濃い緑色の植物はケールです。

 

栄養価が高い野菜です。

 

カルシウムやビタミン類など様々な栄養素が含まれています。

 

キャベツのように料理に使われることが少ないのはなぜなのかを調べてみました。

 

その結果、スーパーで売っていることがなく気軽に買うことができないからということがわかりました。

 

癖のある味なので好き嫌いが分かれるからかもしれません。

 

でも栄養素が豊富なので食べなければもったいないということで青汁として活用されるようになったのかもしれないなあと思いました。

 

青汁はさまざまな会社から販売されています。

 

普通に飲料として飲むものや水などに溶かす粉末タイプなどがあります。

 

毎日飲むというのなら粉末タイプを選ぶとリーズナブルなのではないかなと思います。

 

粉末タイプの青汁は普通に水で薄めても良いですが牛乳に混ぜて飲むと抹茶ミルクのような色と味で結構おいしいです。

 

一人暮らしをしていると野菜不足になりがちですが青汁を毎日飲めば健康的な毎日が送れます。

 

青汁比較ランキング

青汁でダイエットする方法もありますよ

 

青汁というと健康飲料の色合いが色濃く出ていますが、別に更年期障害とか、栄養補給に対してだけ効果を期待するものではないですよ。

 

実は青汁を使ったダイエット方法もあります。

 

青汁はその栄養とは裏腹に低カロリーな飲み物のため、実は痩せようと考えているときの栄養補給にも適しているんです。

 

ダイエットすると得てして、食事制限やらで必要な栄養素まで削られてしまい勝ちになりますが、青汁を飲めば、不足している栄養素を補うことが可能なわけですね。

 

もちろん、青汁だけ飲めば、全ての栄養を補充できるかといえばそうではありません。

 

青汁は底まで万能感のある印象ではないのです。

 

そうはいっても、それは青汁にかぎらず全ての飲み物、もっとはっきりと申し上げれば、全ての食物を含めても、そんな万能なものなどこの世に存在しないのです。

 

青汁を使ったダイエットは、栄養補給におすすめできるとしても、それに頼りきった状態では体のために成り得ません。

 

あくまでも、栄養補給のほんの一部だということをしっかりと認識しておきましょう。

 

ただ、もちろん、何も考えずに食事制限するダイエットに比べたら、明らかにいいことも確かなので、深く考えすぎて迷いが出ないようにしましょう。

青汁を日々の生活に組み込む

 

青汁を愛用している人たちには当たり前なんですが、健康を考えるなら、日々の生活に青汁を組み込んであげると良いでしょう。

 

青汁自体、それほど美味しい飲み物ではありませんが、毎日の食事が塩分多め脂多めでは、遅かれ早かれ肥満に悩まされることになりますし、血の巡りも落ちてしまいかねません。

 

青汁を摂取すると、食物繊維を始め、ビタミンやミネラルのバランスを整えることに繋がるため、食生活が乱れている人なら、青汁を1杯飲むことをおすすめします。

 

青汁を飲むと、その分の食事量を減らすことにも繋がりますし、飲み物を減らすことにも繋がります。

 

青汁が体に良い飲み物で、それらの食べ物や飲み物が体に良くないものだったとしたら、身体に良い物を摂取し、身体に悪いものを摂取しなくなるということになるので、健康的であるといえるでしょう。

 

確かに美味しさでいえば青汁は劣ることは否めませんが、美食こそ健康を害するという話もあるので、少しくらいの味の我慢は必要です。

 

とはいっても、ここ近年の青汁は味にも自信を深めている節があり、意外と飲みやすく仕上がっているものも多いため、自分の好きな食べもの、飲みもの以外は嫌だという偏った嗜好の人以外は気にする必要はありません。